和歌山県橋本市

山本雅洋

山本農園

◆ごあいさつ
山本農園 園主 山本雅洋です。
和歌山県育ちで和歌山県在住です。
代々、和歌山県橋本市で農業を営んでいます。
現在は主に柿を栽培しています。

◆農家になったきっかけ
高校生までは、漠然と継がなくてはならないと思っていました。
卒業後、地元を4年離れていました。
地元に戻った時に「田舎はやっぱりいいものだ」と思ったので農業を手伝っていました。
一生懸命作った作物を買ってもらったときの「ありがとう」がたまらなく嬉しく、やりがいを感じました。
今でも仕事に対する原点です。
 
◆山本農園とは
自然豊かで水が清らかで古来より高野山の参詣道として栄えてきた歴史豊かな場所、和歌山県橋本市学文路で代々農業を営んできました。
現在は主に柿を栽培しています。
果物の栽培に適した和歌山県橋本市~九度山町に園地があります。
清流紀の川と霊場高野山麓の地形が生み出す昼と夜の温度差と、表土が深く粘質が特徴の土壌が山本農園の果物を美味しくしています。

◆これから
園主の能力には限りがあるため、従業員・仲間・お客様に助けられながら、安全安心でなにより美味しいと言われるものを作っていきたいと思います。

おいしい作物を作るために、あらゆる努力をします。
 
◆現在作っているもの
柿  たねなし柿・紀の川柿・富有柿
要望があれば、他にも栽培したいと思っています。

◆さいごに
園主は褒められるとがんばります。